​急性腰痛

腰痛でお悩みの方、度々ギックリ腰を繰り返している方はいらっしゃいませんか?

腰痛と一言で言っても様々な原因があります。

整形外科に行かれたり、整体に行かれたり、色々な所で見ていただいてもなかなか治らなかったり、少しするとまた痛くなる方もいらっしゃると思います。

整形外科だと多くはレントゲンを撮影されたり痛み止めの注射をされたり湿布を処方されたりされている方が多いと思います。レントゲンやMRIを撮影して椎間板が出ているようならヘルニア、脊柱管が狭いようなら狭窄症と診断が降り、それ以外は原因不明であったり心因性と言われた方もいらっしゃると思います。

厚生労働省によると15%が特異的腰痛(ヘルニア、圧迫骨折、狭窄症等)、85%が非特異的腰痛(原因が特定できない腰痛)と発表されています。

(ぎっくり腰・急性腰痛症・腰の痛み・ヘルニア・脊柱管狭窄症等・圧迫骨折・すべり症・分離症等)

当院では問診時、施術時に患者様に詳しくお話を聞いていきます。

詳しく生活の状況を聞いていくと問診表に記入して頂けなかったお話が分かります。

  • お仕事でいつも同じ姿勢を続けている。

  • 昔骨折や脱臼をしていた。

  • 脳梗塞を何年か前にしていた。

  • 持病で腎臓が悪い。

  • 妊娠や出産を機に腰痛が始まった。

  • 寝る場所が狭く寝返りが打てない。

  • 介護をしている。

  • お子さんが小さくいつも屈んでいる。

  • 生理不順がある。

ご自身が今回の腰痛に関係がないと思った事でも関係がある事もあります。

​背中はご自身の目で確認できないところです。

同じ場所の急性腰痛を繰り返しているとはその部位の筋肉に微細な筋挫傷が起き筋繊維が少なくなり、ちょっとしたきっかけで腰痛がおこります。

当院では詳しい問診で原因を探り、少なくなった筋繊維に対し周りの筋肉をトレーニングしたり、近赤外線で血行を促したり硬くなっている筋繊維や周りの筋肉に柔軟性を取り戻すサポートをしていきます。

腰椎の周りで固まってしまった筋繊維は腰痛の動きを阻害しています。

ですが、動きの悪い腰椎のみを施術すれば治るかというとそうではありません。

背骨の図を見ると背骨はS字を描いています。S字の凸がキツければ凹もキツくなり、凸が緩やかなら凹も緩やかになるというように全体が連動しているのです。ですから全体のバランスを治すのが重要でそうしなければまた腰痛になってしまいます。

当院で行っているオステオパシーは全体を一つのユニットと考え施術をおこないます。

住所:静岡市葵区平和1丁目5-28杉山ビル1F

電話:054-271-8858

予約時間:8:00~21:00(日祝日可能)​

電話受付時間 

 8:30~12:30(月~土)

14:00~18:00(月~金)

上記時間外の受付は

LINE:@oof0554w またはメールにてお問合せください。